ご相談は専用ダイヤル
東京
03-5369-4845
大阪
06-6376-5222
福岡
092-739-8085
問い合わせ対応やテレアポ業務を効率化コールセンター/ヘルプデスク向け クラウドCRMシステム - 楽テル

コールセンター向けCRMシステム 楽テル|HOME  >  コラム  >  Excelを使って顧客管理!3つの運用ポイントとシートの作り方

HOME  >  コラム  >  Excelを使って顧客管理!3つの運用ポイントとシートの作り方

2019/04/29

Excelを使って顧客管理!
3つの運用ポイントとシートの作り方

Excelを使って顧客管理!3つの運用ポイントとシートの作り方

顧客の情報や購買履歴、営業履歴などを記録しておく顧客管理は、専用ツールを使う他に、Excelを分で作ることができます。紙の台帳からデジタルに移行したい方や小規模の顧客管理を想定している方は、Excelを使った顧客管理の作り方をぜひご確認ください。

Excelで顧客管理を始める際の3つのポイント

顧客管理を行うツールには、大きく分けて専門ツールとExcelの2つがあります。専門ツールは顧客管理に便利な機能が多く搭載されていますが、小規模から導入する場合はコストを抑えて運用できるExcelが便利です。ここでは、Excelで顧客管理を始める際に意識したい3つのポイントをご紹介します。

1.顧客管理の目的を明確にする

顧客管理をExcelで行う場合、自社に必要な要素を自由に設定できるのがメリットですが、目的を明確にしなければデータだけ蓄積してうまく活用できないこともあります。そうならないためには、何を目的に顧客管理を行うのかを明確にすることが大切です。
例えば、以下のような目的です。

  • 営業の進捗を把握して漏れなく顧客にアプローチできる状態にする
  • どのような顧客に売れているのかを分析して営業やマーケティングにつなげる
  • 顧客の情報をどの部門からも確認できる状態にする

業種や事業規模、取り扱う商品・サービスによってもどのような目的を設定すべきかは異なるので、自社の課題を洗い出した上で解決につながる顧客管理を心掛けましょう。

2.どのような項目が必要か吟味する

前項で設定した目的と併せて、顧客管理ではどの項目が必要か十分に吟味することが必要です。以下の項目は、一般的に顧客管理の項目として使用されています。また、必要な項目は個人を顧客としているのか、法人を顧客としているのかによって大きく異なる場合が多いです。

  • 組織名
  • 担当者名
  • 性別
  • 年齢
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 購入履歴
  • 営業履歴

3.顧客管理の運用ルールを徹底する

Excelで顧客管理のシートを作ったら、そのシートをどう運用するのかを自社内でルール化することが重要です。誰がどのタイミングで更新するのか、データはどこのフォルダに置いておくのか、ワークフローはどうするのかなどを決めておかないと、正確な情報が記録できない状態になる可能性もあります。

また、誰でも入力ができるよう、作業をマニュアル化することも大切です。限定された誰かしか扱えないようであれば、その人が退職したときなどに作業が大幅に滞る可能性があるからです。

顧客管理シートの作り方

Excelを使った顧客管理シートは、以下の手順で作成できます。また、入力の手間を削減しミスを減らすためのコツについてもご紹介します。

項目を設定し、顧客情報を入力する

事前に決めておいた項目を1列目に記入し、2列目以下に顧客情報を入力していきます。手入力の場合は打ち間違いがないように注意し、その他のExcelデータなどからコピー&ペーストをする場合は入力箇所がずれることがないように注意しましょう。

先頭行、先頭列を固定する

Excelでは、先頭行や先頭列を固定し、スクロールをしても表示しておくことができます。固定するには、“表示”タブにある“ウィンドウ枠の固定”を選択し、先頭行か先頭列のどちらかを選択します。“ウィンドウ枠の固定(F)”を選択すると、選択しているセルの位置まで固定範囲を広げることが可能です。

行を色分けして見やすくする

使いやすい顧客管理シートを作るには、罫線や塗りつぶしなどの書式設定を駆使して見やすい見た目に整えることも大切です。おすすめの装飾のひとつは、1行ごとに色分けをする書式設定です。

まずは色分けする範囲を選択します。次に、“ホーム”タブにある“条件付き書式”から“新しいルール”を選択し、メニューの一番下の“数式を使用して、書式設定するセルを決定”を選択します。すると数式の入力欄が出てくるので、“=MOD(ROW(),2)=0”と入力します。次に“書式”→“塗りつぶし”と進んで好きな色を選択すると、偶数行が選んだ色に塗りつぶされ、表を見やすくすることができます。なお、奇数行のほうに色をつける場合は、数式の入力欄に“=MOD(ROW(),2)=1”を入力することで、可能になります。

重複する情報を洗い出す

顧客管理では、情報が重複しないよう、注意することが必要です。

重複する情報を表示するには、調べたい列を選択し、“ホーム”タブにある“条件付き書式”から“セルの強調表示ルール”→“重複する値”と進みます。次に任意の書式を選択し、“OK”をクリックすると、重複した情報の書式が変わります。

フィルター機能を使う

フィルター機能を使えば、見たい情報だけ表示したり情報を並べ替えたりできます。フィルターをかけたい範囲を選択し、“ホーム”タブにある“並べ替えとフィルター”から“フィルター”を選択すれば、設定は完了です。一番上の項目名の右に矢印マークが表示されるので、ここからさまざまなフィルター機能を使うことができます。

入力規則を設定する

顧客情報を打ち込む際、入力ミスを防ぐためには入力規則の設定が有効です。入力規則を設定すれば、そのセルにはリストメニューが表示され、メニューにある項目以外は入力できないようになります。

設定する手順は、入力規則を設定する列を選択し、“データ”タブから“データの入力規則”→“データの入力規則”と進みます。次に“入力値の種類”を“リスト”にすれば、“元の値”に入力した内容がリストメニューに表示されます。

“元の値”の入力方法はさまざまです。直接指定したい場合は、例えば“東京都,神奈川県,埼玉県”のように“,”(半角コンマ)で区切って、入力します。すでにExcelシートの別の場所にリストを作っている場合は、“元の値”入力欄の右にあるボタンをクリックし、リスト範囲選択します。

フォーム機能を使って入力する

作成した顧客管理シートへ直接入力する場合、時間がかかる、ケアレスミスで前後のセルを消してしまうといった可能性があります。効率良く入力するには、フォーム機能の使用がおすすめです。

フォーム機能を設定するには、“ファイル”タブから“オプション”→“クイックアクセスツールバー”と進みます。“コマンドの選択”を“基本的なコマンド”から“すべてのコマンド”に変更し、“フォーム”を選択して“追加”→“OK”とクリックすれば、Excelのウィンドウの一番左上にフォームのマークが追加されます。

表のどこかを選択した状態でフォームマークをクリックすれば、Excelが入力項目を自動で特定し、フォームが表示されます。“リストまたは選択範囲のどの行に列見出しが含まれているかを特定できません。”というエラーが表示された場合は、1行目の項目の色を変更すると自動で特定できます。

フォームでは、顧客情報の入力や修正、新規追加、削除、検索などができます。なお、入力規則を設定している場合、リスト以外の項目の入力を制限する機能は有効ですが、リストメニューの表示はできません。

顧客管理のノウハウをExcelでつかもう

以上にご紹介した作り方でExcelを作れば、Excelを使った顧客管理を始められます。なお、より効率の良い運用を求める場合、顧客情報の量が膨大になってきた場合などは、専門ツールを導入することもおすすめです。

楽テルバナー